家族滞在ビザとは

「家族滞在ビザ」とは、就労ビザや経営ビザなどのビザをもって日本で滞在している方が扶養している配偶者と子が申請することが可能なビザです。

家族滞在ビザ申請できない扶養者

日本のビザをもっているすべての方の配偶者と子が家族滞在ビザを申請できることではありません。申請できないビザは以下の通りです。
「外交」、「公用」、「技能実習」、「短期滞在」、「研修」、「家族滞在」及び 「特定活動」

家族滞在ビザ申請のポイント

⇒扶養者のビザは申請できるビザのこと。
⇒扶養者と申請人の親族関係が真実であること。
⇒扶養者は自分の配偶者または子を扶養する意思があること。
⇒扶養者の扶養能力があること。
⇒家族滞在ビザを申請しようとする者は不法就労の恐れがないこと。
・扶養者は「留学」ビザを持っている方の場合
⇒扶養者は「留学」および「文化活動」ビザを持っている場合、原則的に日本での就労を認められず、扶養能力について認められない可能性が高いです。留学ビザを持っている方はその配偶者または子のために家族滞在ビザを申請したいとき、一般的な申請より扶養能力に関する証明書類をより多く提出しなければなりません。

お問い合わせ

中国語対応可

メールでのご相談は24時間受け付けております。

Emailing