就労ビザとは

正確的には就労ビザというビザがありません。
しかし、一般的な方でも理解できるように、日本で仕事をして給料をもらうことができるビザを合わせて就労ビザと呼ぶことが多いです。
実際に東京入国管理庁にも就労審査部門があります。

就労ビザの種類

就労ビザの種類が結構多いですが、これから最もよく申請されている就労ビザを紹介します。

⇒技術・人文知識・国際業務ビザ
就労ビザの中には最も申請されているビザで、実際にもほとんど日本で就職している外国の方はこのビザを持っています。技術・人文知識・国際業務ビザはいわゆるホワイトカラー的な仕事をしている方が取得できるビザです。一般的に単純労働の仕事や美容師、自動車整備士などの技術的な仕事はこちらのビザを取得することが難しいです。
技術・人文知識・国際業務ビザの取得条件について、細かいところが多いですが、一般的に専門学校以上の学歴を要求されているが、10年以上の実務経験があれば学歴を問いません。そして学校で勉強した専攻は実際の仕事内容と関連性がなければなりません。就職の会社も審査対象となり、会社の規模が小さくて連続赤字の場合でもビザを取得しにくいです。

⇒企業内転勤ビザ
企業内転勤ビザは、一般的に海外の子会社や母会社の社員が日本の母会社や子会社に転勤する場合に申請する就労ビザです。その仕事内容や関連性要件などの申請条件は技術・人文知識・国際業務と同じところが多いです。しかし、企業内転勤ビザを申請する場合には、申請人の学歴を問いません。そして申請人はその海外の母会社または子会社で1年以上勤務しなければなりません。

⇒技能ビザ
技能ビザは特定な技能を持ち、日本で仕事をできるビザです。技能ビザはいくつの仕事を該当しますが、代表的なのは外国料理のコックです。技能ビザを申請するためにその職歴要件は一番大事な条件です。外国料理のコックの場合は10年以上(タイ料理の場合には5年です。)の実務経験が必要となります。そして、入国管理庁はこの実務経験の偽造を防ぐために様々な証明書類の提出を要求されることが多いでしょう。

⇒高度専門職ビザ
高度専門職ビザは近年以来たくさん注目されているビザです。ポイント制を導入され、70ポイント以上があればこのビザを申請することが可能です。高度専門職ビザを取得すると、いくつの優遇があります。例えば在留期間は必ず5年や配偶者の就労ビザの要件の緩和、両親が条件付き来日することが可能などの優遇措置があります。その中に最も関心されている優遇措置は永住条件の緩和です。一般的な就労ビザの場合は10年以上日本に引続き在留しなければ永住を申請することができませんが、高度専門職ビザの場合3年(70ポイント以上)さらに1年(80ポイント以上)以上日本に在留すれば永住を取得することが可能です。

⇒特定技能ビザ
特定技能ビザは2019年4月から施行されているビザです。1号および2号がありまして最初は1号だけを申請することができます。本来はホワイトカラーの仕事だけ日本の就労ビザを取得することができますが、日本の深刻な人手不足の状況により複数の分野において単純労働者の需要が高くなり、この現状を踏まえて特定技能ビザを創設されました。特定技能ビザを申請するためにまずはある程度の日本語能力が必要となり、その上に指定されている試験に合格すればこのビザを申請できます。

お問い合わせ

中国語対応可

メールでのご相談は24時間受け付けております。

Emailing