検索
  • 西本 幸生

日本会社を設立するために必ず社員を雇用しなければなりませんか?

日本で会社を設立する場合には、一般的に必ず社員を雇用するわけではありません。しかし、経営ビザ申請したい場合にいくつの注意点があります。


外国人経営者は単純労働をできません。


単純労働とは、特別な技能や知識を要らず行うことができる仕事のことです。例えば、飲食店やドラッグストアにおいてのアルバイトは一般的に単純労働に該当します。

したがって、飲食店やドラッグストアなどの店舗型の事業を行う場合には、必ず社員(アルバイト)を雇用しなければなりません。


注意すべきことは、外国人アルバイトを雇用する場合に留学生や家族ビザをお持ちになる方は1週間の勤務時間は28時間を超えることができません。


特別な技能や資格を持っている従業員が必要となる事業を行う場合はその従業員を雇用しなければなりません。


一番わかりやすい例は、中華料理店などのコックが必要になる飲食業の場合には、コックを雇用しなければなりません。


法律や営業許可の規定により社員を雇用する必要になる場合もあります。例えば、ドラッグストアを開設する場合に登録販売者や薬剤師が必要となります。


経営ビザを申請したい場合に、社員やアルバイトを雇用するかどうかの判断は難しくてビザの取得にとっても大切ですので、ぜひ行政書士と一度相談してください。